MENU

初撮り五十路妻ドキュメント 竹内響子

  • URLをコピーしました!

作品詳細

タイトル
初撮り五十路妻ドキュメント 竹内響子
再生時間
122分
ジャンル
熟女, 単体作品, デビュー作品, ドキュメンタリー, 中出し, ハイビジョン, 人妻・主婦, ぽっちゃり
女優
竹内響子

「夫が最近、囲碁とか盆栽とか、やたら年寄り臭い趣味に凝り始めたんです…」五歳以上歳の離れたご主人と、結婚25周年だという竹内響子さん51歳。「今どきの50代ってまだまだ現役じゃないかと思うんですけど、この人はもう老後の準備を始めたのかぁと思うとガッカリしましたし、私はこうなりたくないなって思いましたね…。」そんなときに見かけたモデル募集広告。決意の固まった奥様の50代ロードは始まったばかり。そのお手伝い、しかと務めさせていただきます!!

作品レビュー


  • 素晴らしい女性です

    あまり五つ星は付けないのですが、顔は吉◯小百合さんに似ているし、背中のラインが美しく、感じている表情が良いです。良い脚本に恵まれることを祈っています。


  • 主張

    初撮り(デビュー作)かつ素人っぽさを売りにする性質上、女優自らエロを全面的に表現しづらい。だからこそ、各好みは置いといて構成や男優の腕で作品の良し悪しが決まりやすい。つまり、身体を触り腰を振るだけの男優(マシーン)は必要ない!今回の構成は、フェラチオのみのシーンは不必要だが、インタビューは短く全体的にテンポよくまとまっていた。絡みに関しては、一人目の男優が熟女好きのツボを抑えておりしっかり仕事もこなせる。ワキの匂いを嗅いだり下品な言い回しをさせたりと羞恥芯を煽る攻め方や、豊満な腹を揉んだりケツをスパンキングしてみたり女優のアエギに変化がでる攻め方を取り入れていた。逆に二人目に関しては、まるっきり女優のポテンシャルに甘えている。女優の口から「もっと」や「突いて」などオネダリは聞かれるのだから、そこに淫語を言わせる(誘導)する仕事ができれば。しかし、二回の絡み共に攻めが点で終わっており女優がすぐに素に戻っている。理由は「~しながら」攻める事ができない男優のリードと、敬語の会話だ。まぁ、女優と一人目の男優の頑張りに星4つです!

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次